ピル

MENU

生理日移動って分かりにくい?

 

生理日の調整法ってすごく複雑で難しく見えますよね。

その理由は、調整法に「早める/遅らせる」の二種類あり、使用するピルに「低用量/中用量」の二種類あり、低用量ピルにも「一相性/三相性の二種類」がありという風に、パターンが多いからだと思います。

また、生理日を調整したい人の側の事情も組み合わせて考える必要があります。いままでピルを「使っていたか/初めて使うのか」、生理周期は「安定してるか/してないか」など。単純に組み合わせが多く方法も多いので複雑なのですが、困るのは、多くの方がどの方法でも生理日を調整することができるというところです。

 

問答無用に調整法が一つしかないのであればもっと簡単なのですが、方法やパターンが多いことで難しく見えてしまう。

 

一番の理想をお話すると、低用量ピルを普段から常用することです。低用量ピルで排卵、月経のコントロールができていれば、生理日を調整することも簡単です。ピルはいつも使っているもので結構ですし、生理日を変更したければいつもより長い期間のんだり、早めに休薬したりするだけ。

 

生理日の調整ができたら良いと思っている方、生理周期が安定しない方、確実な避妊をしたい方など、ピルは女性にとってはとても安全で便利なものですから、この機会にピルをはじめても良いという方にも、このページを参考にしていただけたらと思います。

 

ネット通販で生理日移動が可能なピルは?

 

低用量でも中用量でも、一相性でも三相性でも、基本的にどんなタイプのものでも生理日移動に使うことができます。ネット通販を利用すれば自宅にいながら必要なピルを注文でき、コストも低く抑えることができますから、ピルを使い慣れている方や通院が困難な方にはとても助かりますよね。

 

また、生理日を遅らせるためにはいつもより多くピルを飲まなければいけないため、余分なピルシートが必要になるときがあります。

 

病院でももちろんもらえますし、多くのピルユーザーが数か月分のピルシートを処方してもらっているかもしれませんが、そういう場合はわざわざ病院に行って余分なシートをもらうより、ネット通販の方が安く購入できて便利。

 

このように、例外的に余分なピルを手に入れたいときにも、ネット通販は利用されることがあるのです。

 

特に普段三相性のピルを使用している方は、生理日をずらすときに中用量ピルを飲み継いだ方が楽で分かりやすいという理由で、例外的に中用量ピルが必要になることがあります。

 

病院がお近くなのでしたら直接行った方が早いかもしれませんが、事情によってはネット通販の方が良いというパターンもあるでしょう。このように、ネット通販は臨機応変に利用することで節約ができたり楽ができたりするのでおすすめなのです。

 


更新履歴